投資信託と株式投資の違いをわかりやすく解説します

投資全般

みなせあきとです。

前々回の記事では「収入と支出から投資の種銭を作る方法」、前回の記事では「投資の目標」について書いています。投資初心者の方はまず投資の種銭(元本)を用意する方法と、投資の目標をどう定めるかということが非常に重要です。

https://akito-minase.com/archives/tales-of-money01.html
https://akito-minase.com/archives/tales-of-money02.html

今回は、投資信託と株式投資の違いを分かりやすく解説していきます。

投資信託とは何か?

「投資信託は果物の盛り合わせ」をイメージすると非常にわかりやすいと思います。果物の盛り合わせにはいろんな果物が入っていますよね。メロン・桃・ブドウ・オレンジ・バナナ…など。

投資信託はよせあつめの商品だということです。

その中身は様々ですが、日本株式・外国株式・債券…などジャンルに分かれていることが多いです。「日本の中小企業に特化して集めた」投資信託もあり、手軽にいろいろなジャンルに投資できるのが優れたところです。

たくさんの商品が集まっている分、他の商品と比べてリスクも低めの傾向にあります。

中でも私がオススメするのはインデックス型の投資信託です。

あまり難しいことを考えなくていいので、貯金と同じ感覚で投資できます。

インデックス型については下の記事を読んでみてください。

初心者投資家にインデックス型投資信託をオススメしたい3つの理由
akito_minaseです。今回は初心者ならまずインデックス型投資信託から!というお話です。インデックス型の投資信託には、リスク分散・価格が1日1回更新・少額積立投資この3つのメリットがあります。私は最初は日経...
初心者でも分かるリスク分散の考え方-投資でリスクを分散させるためには?
akito_minaseです。投資において、リスクはつきものです。価格が落ちてしまうというリスク、株を発行している会社が倒産してしまうかもしれないというリスク…さまざまなものがあります。逆にリターンもありますよね。リターンは...

株式投資とは何か?

次は日本株式ですね。

日本株式は「果物の1種、みかん」です。

これまた果物シリーズ。まあみかんじゃなくてもいいんですけどね。

さて、どういうことでしょうか?

先ほどの投資信託のことから考えると…

投資信託は籠に盛られたものの果物全体でしたよね。

ということは「みかんは籠に盛られたうちの1つ」になります。

いろんなものがあるうちの1つが日本株式なんです。

日本には3,632の会社が上場しています。

🔰上場

株式会社が発行している株式が、東京証券取引所や大阪証券取引所などの市場に出回ること。
株式が初めて証券取引所に上場する場合は、IPO(Initial Public Offering)という手段で広くから資金を調達できるというメリットがある。一方で、株式の取得は議決権にもつながるので、経営権を奪われてしまう可能性もある。
逆に、株式が非公開の会社では、株式は市場においては買うことができない。

4000種類のうち1つの会社の株を買う。これが日本株式を買うということです。

株式市場は色々ありますが 東京証券取引所 で取引されるものが多いです。

東証1部・東証2部とかニュースで耳にしたりしませんか?

 

また、ニュースでよく発表される

「日経平均株価」は東証1部に上場している主要な225の会社の株式の価格の平均

をとったものです。

400銘柄を平均した日経400という指標もあります。

身近な会社がまずは上場しているか?ということについて調べてみましょう。

 

例えば、ファミリーレストランのガスト

これは「すかいらーく」という会社が運営しています。

「ガスト」はブランド名です。

ホームページがありますよね。

一番下やページのメニューに

「会社情報」や「企業情報」という項目

があったら見てみてください。

運営している会社が分かるはずです。

運営している会社が分かったら、次はYahoo!ファイナンスやみん株などで検索してみましょう。

検索が引っかかったら、その会社は証券取引所に上場しているということになります。

どうでしょうか?意外に身近に感じたのではないでしょうか。

まずは自分が気になる企業や、身近な企業を探してみましょう。

「あそこのお店って、あの会社が運営してたんだ…!」

という意外な気付きもあると思いますよ。

何を買うかが重要

投資信託と日本株式についてなんとなくイメージはつかめたでしょうか?

正直、私たちが買うことのできる金融商品はまだまだ存在します。

債券・外国株式・FX・純金積立・先物取引・コモディティ・・・

など、この中でもさらに細分化されるので、はっきり言ってきりがないです。

私も全部わかるわけではないです。少しずつ勉強してほんのすこしだけ分かるようになりました。

そういう理由から、今回は初心者の方向けで投資信託と日本株式を紹介しました。

日本株式は比較的ハイリスク・ハイリターンの金融商品ですが、

日本の会社なので、身近に感じやすいという点で上げさせてもらいました。

 

ハイリスク・ハイリターンを狙うなら日本株式

ローリスク・ローリターンでもいいなら投資信託

です。

投資信託の中にはハイリスク・ハイリターンものもあります。

投資初心者の方は投資信託が始めやすい!

これが私の意見です。

 

投資信託ではインデックス型がオススメですが、もっと詳しく知りたい!

という方はこの記事も読んでみてくださいね。

投資信託の仕組みを分かりやすく図解しています。

まとめ

  • 投資信託はいろんな金融商品のつめあわせのようなもの
  • 日本株式は証券取引所に上場している会社であればだれでも買える
  • 初心者におススメなのは比較的ローリスク・ローリターンの投資信託
    ※投資信託でもハイリスク・ハイリターンの商品もある

お疲れさまでした!!!

知らないことばかりで知識を覚える段階なので、きつかったかたのではないかな…と思います。

次回は為替・金利・信用取引について説明していきますね。

この5つさえわかれば、投資の基本の「き」はマスターできたことになります(笑)。

気長にやっていきましょうね。

証券口座の作成についても、記事にしますのでお楽しみに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました