初心者でも分かるリスク分散の考え方-投資でリスクを分散させるためには?

投資全般

akito_minaseです。

投資において、リスクはつきものです。

価格が落ちてしまうというリスク、株を発行している会社が倒産してしまうかもしれないというリスク…さまざまなものがあります。

逆にリターンもありますよね。

リターンは分かりやすく、配当金を得ることができたり、価格が上がって値上がり益を得ることができたりすることです。

今回は、そのリスクとリターンについて、私が学んだことを解説していきます!。

リスクとリターンの関係

リスクとリターンという言葉はよく投資で耳にする言葉です。

簡単に言うと

  • リスク ≒ 損失につながること
  • リターン ≒ 利益につながること

です。リスクが大きければ、損失につながる可能性が高く、リターンが大きければ利益につながる可能性が大きいということです。

 

リスクとリターンはどのような関係なのでしょうか?

私はリスクとリターンは表裏一体の関係である、と思っています。

分かりやすく説明すると、

  • リスクが大きければリターンも大きい
  • リスクが小さければリターンも小さい

という意味になります。

前者をハイリスク・ハイリターンと呼びます。

後者はローリスク・ローリターンですね。

 

例えば、投資信託は日本株式よりリスクが低いため、リターンも低い傾向にあります。

逆に、日本株式は投資信託よりリスクが大きいため、リターンも大きい傾向にあります。

 

金融商品には必ず価格が伴います。

その価格がどれだけ動くか?ということを変動率(ボラティリティ)と言います。

このボラティリティが高ければ、価格の値動きも大きい=ハイリスク・ハイリターンということになります。

ボラティリティの高い、低いは、相対的に決まると思ってます。

一言に高い、といっても、

  • 投資信託は日本株式よりボラティリティが低い
  • 日本株式は投資信託よりボラティリティが高い

このような言い方になります。

自分で「ボラティリティが高いな」「ボラティリティが低いな」

と思ったら、何と比較しているのか?ということを考えた方が良いでしょう。

このようにボラティリティ(変動率)の幅は、リスクの1つなりえます。

 

投資に関するリスクについて

投資には、ボラティリティ以外のリスクもたくさんあります。

日常生活でのリスクを考えてみます。

ケガをするリスク ⇒ 生命保険

車の事故に備えるリスク ⇒ 自動車保険

家が火事になるリスク ⇒ 火災保険

このように、日常生活では保険がリスクの対策になっています。

一般的に投資では、

価格のリスク = ボラティリティ

信用のリスク = 会社が倒産したら?

流動性のリスク = 売りたい時に売れるか

というリスクが存在します。

🔰 流動性

市場でどれだけ取引されているかという指標。

取引が多ければ取引高が大きくなり、流動性も高くなる。

例えば、会社が倒産するかどうか、という信用のリスクの判断には、決算時の時賃借対照表(バランスシート)を見ます。

価格のリスクは過去のチャートを見てどれくらいの値段まで下がりそうか?ということを参考にしたりします。

これについてはまた別の機会に解説していきますね。

 

株式投資と投資信託どちらのリスクが大きい?

投資の代表的なものに、株式投資と投資信託が挙げられますね。

では、どちらの方がリスクが大きいのでしょうか?

投資信託はいろんな商品がありますが、同じ投資フィールドでは、投資信託の方がリスクが低くなる傾向にあります。

これはなぜでしょうか?

投資信託という商品自体が、株や債券などの金融商品の集まり、いわゆるファンドであるからです。

投資信託についての詳しいことは、下記の記事で取り上げています。

投資信託にも、新興国株式のフィールドのものや、特定の業界(例えばロボット業界)の株式だけを集めたような、比較的リスクが高いものもあります。

さて、投資信託はさまざまな商品がありますが、代表となるのはインデックス型とアクティブ型の2種類があります。

🔰 インデックス型

日経平均株価やTOPIXなどの指標に追従するように動く投資信託のこと。

🔰 アクティブ型

投資信託の分類平均より上を目指す投資信託のこと。

インデックス型とアクティブ型では、どちらのほうがリスクが高いでしょうか?

アクティブ型は、より高いリターンを目指しています。

そのためリスクとリターンの関係を考えれば、アクティブ型の方がリスクが高くなりますね。

 

リスクを分散させるためには

投資にはいろいろなリスクがあることは分かりましたね。

では、そのリスクを抑えるためにはどうしたらいいのでしょうか?

リスクを抑えた場合には、リターンはどうなるのでしょうか?

投資フィールドの分散

卵を一つの籠に盛るな

という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

日本株式を持っているのに、日本株式系の投資信託を持っていても、リスクの分散にはなりません。

金融商品を分散させたとしても、リスクの分散にならないこともあります。

投資をしているフィールドで考えるようにしましょう。

日本株式を持っている=日本株式フィールドへの投資

リスク分散するなら:日本債券・外国債券等

株は、債券とは逆の動きをすると言われています。

株が上がったら債券の値段が下がり、株が下がると債券の値段が上がる傾向にあります。

これは、インフレーション対策で利上げをして貯蓄を促すという政策にあります。

詳しくは、これも違う機会で取り上げますね。

 

分散投資をした場合は、利益も金融商品によって変わってきます。

そのため、一概には言えないですがリターンも少し小さくなると思っていてよいでしょう。

 

まとめ

  • リスクとリターンの関係をつねに考えよう
  • 日常にもリスクが潜んでいることを意識しよう
  • 投資におけるリスクは、価格・信用・流動性が主なリスク
  • 株式投資と投資信託では、一般的には投資信託の方がリスクが低い傾向にある
  • リスクを抑えるためには、投資フィールドを分散させるのが簡単な方法

リスクとリターンの関係は理解できたでしょうか?

意外に忘れがちですが、いろんなところにリスクが潜んでいることを意識することは非常に大事です。

リスクを取らないことも1つの手ですが、大きなリターンを得たければリスクを取りに行くこと(リスクオン)も重要になります。自分の得たいリターンから、どこまでリスクをとれるのか?ということも考えていきたいですね。

私は下記の本から株式投資や、投資信託の知識を得ました。良ければ読んでみてくださいね。

参考文献

[itemlink post_id=”249″]

[itemlink post_id=”250″]

 

◆松井証券◆

月々1,000円からムリなく資産形成。スマホ・PCから簡単口座開設!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました