Twitterはこちらから。Follow me!!

スワップポイントとトラリピの比較-10万円から始めるFX

FX

ミナセ・アキトです。

前回はFXを安全に始められるレバレッジの計算をしました。

10万円でもFXを始められるということはわかりましたね😄

▼10万円で安全にFXを始める方法についてはこちらから

10万円で安全にFXを始めてスワップポイントを得るには?-レバレッジと証拠金
ミナセ・アキトです。 先日、約10万円の積立投資を解約しました。 積立投資は年利0.1%と非常に低い水準だったので、ほぼ意味がありません。 それなら、株や投資信託で運用した方がいいですよね。 今回はFXにチャレンジし...
  • FXは難しそうと思っている方
  • FXはいつもチャートを見ていなきゃいけないと思っている方

前回は、スワップポイントを得るスワップ投資について解説しました。

スワップ投資もいいのですが、私はトラリピをやってみることにしました。

まずはトラリピについて説明します。

そして私がスワップ投資ではなくトラリピを選んだ理由を解説します。

▼現在手数料無料キャンペーン中!トラリピを始めるならこちらから

マネースクエア

トラリピとは?

マネースクエアが特許を取っているトラップリピートイフダンという取引方法です。

トラップトレード+リピートイフダン=トラリピです。

イフダンのリピート注文がリピートイフダンです。

トラップトレードとはわなを仕掛けるように広い範囲に注文を置く方法です。

マネースクエアより引用)

リンク先に分かりやすい動画があるので、是非見てみてください。

トラリピは自動売買なので、短期投資…と思っていました。

ただ、そのまま決済されなければスワップポイントも得ることができます

つまり、スワップポイント狙いの投資より稼げる可能性が高いのです。

トラリピは決済されてなんぼなので、スワップポイントはあくまでオマケですね。

スワップポイントに課税されますが、いいとこどりができるのは非常にいい仕組みです。

トラリピでは、利益確定幅を設定することができます

1回の利益確定幅を300円に設定すると、6回の決済で1800円になります。

1,000通貨だと0.3円の値動きがあれば300円の利益になりますね。

この0.3円の動きを複数回捉えられれば、それだけ利益になります。

トラリピのデメリット

  • 手数料が高い

手数料は現在無料キャンペーン中ですが、通常片道50円です。

往復で100円の手数料なので、500円儲けられても400円になります。

ここに20%の税金がもちろんかかってくるので、さらに目減りします。

ただ、トラリピは特許も取得していてユーザの満足度は高そうです。

無料セミナーを開催していたり、もちろんWebの開設動画もあります。

スワップポイントは長期投資

さて、もう一度スワップポイントについておさらいしてみましょう。

豪ドル/円を1,000通貨持っているなら年間で1,825円の利益が得られるんでしたよね。

それと、スワップポイントのほかに値上がり益も狙うことができます

ただ、この値上がり益はそんなに大きいものではないことがわかります。

豪ドル/円なら、現在の81円のレートで買っても最大で107円程度です。

107円は、2007年10月の水準です。

いま仮に1,000通貨持っているとしましょう。

1,000通貨×107円/豪ドル-81,000円=26,000円

値上がり益は最大でも26,000円(+32%)です。

しかも、この107円という水準に今後達しない可能性もあります。

 

10万円でトラリピは始められる?

10万円でトラリピは始められますが、正直微妙です。

トラリピは100万円単位でやる方が良いでしょう。

というのも、10万円でトラリピをやるとデメリットがあるからです。

ただ、デメリットを上回るメリットがあると私は思っています😄

まずは「トラップを仕掛ける本数が少なくなる」というデメリットを説明します。

トラップを仕掛ける本数が少なくなる

開設しましたが、安全に取引できるのはレバレッジ2~3倍です。

つまり、10万円で20~30万円の取引ができるということになりますが、

ロスカットされない水準を保つには1,000通貨×2本くらいしか仕掛けられません

うまくレンジを設定できればいいですが、まったく決済されない可能性もあります。

ただ、決済されないポジションを持っているからといって、悪いことはありません。

買いポジションなら、スワップポイントを得ることができる場合もあります。

注意点としては、マネースクエアのFXでは未決済のものでも課税されます

ヒロセ通商では、未決済のスワップポイントに対しては課税されません

税金は約20%なので、長期投資を考える上では結構大きな数字です。

ただ、それを加味してもトラリピの方が魅力的だなと感じました。

つまり、それだけ利益が発生する可能性が高いと思います。

同じ26000円を稼ぐのでも、300円であれば86回の決済をすればいいのです。

0.3円の値幅の動きを86回というのはあり得ない数字ではないと思います。

(手数料は考慮に入れていないので実際はもっと多い決済回数が必要です)

デメリットを解消するためには

「資金を多く用意する」これが簡単な解決方法です。

100万円を一気に投資しなくても、10万円ずつでも積み立てていけばOKです。

私は月3万円ずつ貯めて、3か月に1,000通貨のポジションを2つ追加することにします。

▼スワップ投資とトラリピの比較

スワップ投資 トラリピ
投資方法 長期投資 自動売買
スワップポイント 〇:非課税の場合もある △:得られるが課税される
理想の投資金額 10万~ 100万~
手数料 低い(スプレッドのみ) 高い(スプレッド+取引手数料)

まとめ

  • トラリピとはマネースクエアが特許を取っているトラップリピートイフダン
  • そのまま決済されなければスワップポイントも得ることができます
  • 手数料は高いが、トラリピは特許も取得していてユーザの満足度は高そう
  • 10万円だとトラップを仕掛ける本数が少なくなる
  • 「資金を多く用意する」ことで解決できる=少しずつポジションを持つ

今回はスワップ投資とトラリピを比較してみました。

10万円だと少々心もとないですが、ロスカットされなければそれでOKとします。

さっそく私もポジションを持ってみようと思います😄

実際に投資を始めたら、またお知らせしますね。

ツイッターでは日々の株価や投資の情報もつぶやいています。

よかったらフォローもお願いします👇

▼現在手数料無料キャンペーン中!トラリピを始めるならこちらから

マネースクエア

コメント