Twitterはこちらから。Follow me!!

脱・投資初心者を目指すために読むオススメの本5選

投資全般

ミナセ・アキトです。

今日は私がこの1週間で読んだ本を紹介していきます。

この1週間は、お金関係の本を中心に読みました。

いままでのインプット量の少なさを実感しました(笑)

また、私はKindle Umlimitedを有効活用しています。

Kindle Umlimitedは月額980円で本が読み放題になるサービスです。

紹介する本の中にも、Kindle Umlimitedの読み放題対象になっているものもあります。

一般的にKindleは紙の本より安いことが多いので、オススメです😊

▼Kindle Oasisは防水でお風呂でも読める!オススメの理由はこちらから

Kindle Oasis を選んだ3つの理由と Kindle Unlimited の活用法。
akito_minaseです。 私は読書が好きで、ほぼ毎日本を読んでいます!小説から新書、さらには技術書まで…。皆さんは本を読んでいますか? 正直なところ、本から離れていた時期もありました。ですが、新書で知識を得...
created by Rinker
Amazon
¥34,980 (2018/10/19 11:47:18時点 Amazon調べ-詳細)

 

今回は投資をやっている方にオススメの本5選です。

この5つの本を読めば、脱・初心者といっても良いのではないのでしょうか。

では、さっそく本を紹介していきます。

スタンフォード大学で一番人気の経済学入門

ミクロ編・マクロ編と2冊の構成になった経済学の入門本です。

池上彰さんが監訳の本であり、ところどころ補足が書かれています。

内容はアメリカの枠組みで話されているので、アメリカの経済を詳しく知りたい方にもオススメ

この2冊を読めば、経済をミクロとマクロの視点で見ることができるようになります

平易な言葉で書かれており、経済学を知らない方でも読み進めることができるのがいいところ。

 

また、普段ネットのニュースや新聞で目にする経済用語が網羅されています。

この2冊を読めば、ざっくりと経済学について理解できるでしょう。

私も経済学については全くの素人でしたが、2冊とも非常にわかりやすいなと思いました。

実際に投資について考えるときに、ミクロ的な視点か、マクロ的な視点かどちらで見ているのか?という意識を持つことは非常に有用なことです。

まずはミクロ編から読んでみることをオススメします。

私も、実際にこの2冊を読んでから他の経済や金融の本を読みました。

以前は読むのを挫折してしまった本もありましたが、この2冊を読むことでミクロ・マクロ的な視点も手に入れられ、用語も分かるようになるという優れた本です。

私はたまに意味の理解の甘い用語が出てきたら、この本に戻って読み返すというリファレンス的な使い方もしています。

お金持ちの教科書

お金持ちになるためにどういう視点が必要なのか、理解することができる本です。

著者の加谷さんが実際にお金持ちから直接聞いた内容が記載されています。

お金持ちになった人はどのような考え方を持っているのか?

お金持ちの人はどのように行動しているのか?

こういうことって気になりますけど知る機会があまりないですよね。

例えば、お金持ちはなぜ高そうな腕時計をするのか?という質問です。

この質問については、意外な答えが返ってきています。

そのほかにも、お金持ちになるための考え方が詳しく書かれています。

ざっくり分かるファイナンス

貸借対照表や損益計算書、キャッシュフロー計算書のより詳しい読み方が書いています。

株式投資を行っている方は、必読と言っても過言ではありません。

WACCやCAPM理論など初心者向けの本では取り扱われない内容もあります。

資金調達について非常に詳しく書いてあるので、経営者になりたい方にもオススメ

この本を読んだら、少し違った視点から会社の決算書を見ることができるでしょう。

実際に私もこの本を読んだ後に持っている銘柄について調べてみました。

そうすると、今まで気に留めていなかった指標についても気になるようになりました。

実際に分析までは至っていないですが、ファイナンスという側面から企業を見るものさしを手に入れることができるので、オススメです。

▼私が持っている株の銘柄(Br.HD・マネックスG・原田工業)についてはこちらから

ビーアールホールディングス<1726>:第1四半期決算分析
ミナセ・アキトです。 第1四半期決算シーズンなので、決算短信を読んでいきます。 正直、持っている株の銘柄は隠しておこうと思っていました。 ただ、勉強したことをまとめるにはもってこい! ということで隠さずにすべて公開す...
マネックスG<8698>:第1四半期決算分析
ミナセ・アキトです。 昨日から私が持っている株の銘柄を紹介しています! <1726>ビーアールホールディングスの決算を分析しました。 5万円で買える株主優待銘柄なので是非見てみてください。 ▼ビーアールホ...
原田工業<6904>:第1四半期決算分析
ミナセ・アキトです。 今日は保有銘柄の3つ目、原田工業です。 今回は売上高と営業利益の観点から決算を分析していきます。 売上高と営業利益から会社の業績を見たい人 決算短信を読めるようになりたい人 ま...

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方

実際の日本の税制上のメリットを具体例を交えながら詳しく説明されています。

税金がどこに投入されているのか?という意識を持つことができます。

日本の税制には歪みがあるので、それこそ「お金持ちになれる黄金の羽根」と著者の橘さんは述べられています。

そして普通に生活してては知らないことばかりで目からウロコでした。

法人化にどれだけのメリットがあるか?という事例が具体的に書かれています。

今後独立や起業を目指している方は一度読んでみることをオススメします。

まとめ

今回取り上げた本でも、特に読んでほしいなと思うのは

「スタンフォード大学で一番人気の経済学入門」です。

この本を読むまで、経済についてはなんとなくの知識しかありませんでした。

平易な言葉で説明であり、あとから読み直すにも非常に役に立つでしょう。

しかも日本と関係の深いアメリカの経済についてとりあげられています。

日本はアメリカの経済状況に影響を受けやすいので、その点でも評価は高い本です。

是非、手に取ってみてくださいね。

ツイッターでは日々の株価や投資の情報もつぶやいています。

よかったらフォローもお願いします👇

コメント