プログラミングサイト、プログラミング分科会はこちらから。

10万円で始めるFXトレード手法と実際の運用実績を紹介します【2018年11月FX運用報告】

【日経平均株価・TOPIX】株式市場・マーケット指標まとめ【2018年版】 FX




みなせあきとです。

2018年9月からFXトレードを始めて丸3か月が経ちました。これまではトレード実績を報告していなかったのですが、トラリピの運用をやめ裁量トレードに方針転換しましたので今月から報告することにしました。

トラリピはチャートに張り付く必要もなく、非常にいいシステムです。しかし、株のトレードをするにあたって為替は重要なので私自身ドル円レートはしょっちゅう見ていました。そのため、相場観や経験を積むことを目的に、トラリピから裁量トレードに変えることにしました

それでは2018年11月のFX運用実績を報告していきます。

FXトレード運用方法

まずは、私のFXトレード方法を解説します。

トレード方法

トレードの方法はまず時間軸・指標と2つの要素があります、

まず、トレードの時間軸についてから説明します。スキャルピング、デイトレード、スイングトレードの3つです。簡単に言うと、スキャルピングは数分単位の超短期トレード、デイトレードは数時間単位の短期トレード、スイングトレードは数日単位の中期トレードです。

私はこのうちデイトレードとスイングトレードを組み合わせた方法で取引をしています。1日でポジションをすべて決済してしまうこともあれば、数日持ち越すこともあります。

主に見るチャートは4時間足・日足の2つです。

はっきりとしたルールは決めていませんが、「ボリンジャーバンド±2σ」「RSI」「移動平均乖離率」「スローストキャスティクス」「一目均衡表」この5つのテクニカル指標を組み合わせてトレードをしています。

もちろん、ファンダメンタルズである政策金利や経済指標もチェックしています。しかし、ファンダメンタルズよりはテクニカル重視のトレードをしています。

資金とレバレッジ

資金は10万~20万円です。FXをやっている人の中ではかなり少なめだと思います。そして、レバレッジもかなり低めの2倍~5倍。通貨は1,000通貨単位で買うことが多く、ポジションは持っても1000通貨×4ポジションくらいです。

イメージで言うと、数百円~千円くらいを積み上げてくトレード方法なので結構地味だと思います。しかし、ロスカットのリスクは極めて低く、投資元本以上の損失が起こることはまずないといっていいと思います。

トレード方法まとめ

時間軸指標資金レバレッジ
デイトレード
スイングトレード
テクニカル重視10万~20万2~5倍
(低レバレッジ)

2018年11月のFX損益

2018年11月のトレードによる損益は-1,390円でした。スワップによる損益は107円でした。11月のトータル損益は-1,283円となりました。

月の前半はかなり調子が良く+5,000円も視野にいれていました。しかし、今月後半にかけては逆指値のストップロスがことごとく刺さり、結果的にマイナス収支となりました。

元本の資金は100,000円、残高は100,060円のためトータルの損益は+60円(+0.06%)です。

決済履歴

決済日損益スワップ備考
11月1日60027
11月2日60060
11月8日1,32023
11月15日-2,2008逆指値
11月16日-1,1602逆指値
11月26日4104
11月27日5403
11月29日-1,500-20逆指値
11月計-1,390107

良かった点:裁量トレードにチャレンジした

良かった点は正直言ってありません。しかし、裁量トレードにチャレンジできたことが唯一良かった点かなと思っています。

今後はトラリピの運用も考えており、トラリピをうまく利用できるようになるには、こうした裁量トレードの経験から一番利益が取れるレンジを設定することが必要だと考えています。最初からうまくいくことはもちろん考えていないので、今回の失敗は来月からに生かしたいと思います。

悪かった点:ポジションをもつタイミングを間違えた

利益が積みあがってくると「もっといける!」という気持ちになってしまい、ポジションをとるタイミングを完全に間違えてしまいました。ボリンジャーバンドの±2σを指標にポジションを持っているのですが、移動平均線あたりでポジションを持ってしまうことがありました

トレードをするにあたっては、冷静かつ客観的に判断するべきという教訓になりました。また、4時間足と日足チャートでテクニカル指標をきちんと見ることも重要です。片方で売りシグナルが出ていても、もう一方ではそうではないことも当然あり、そろって指標が出ることの方が少ないです。今後は、このあたりの見極め基準をしっかり定めていきます。

12月の方針と目標

12月は通貨にこだわらず4時間足・日足のボリンジャーバンド±2σを指標に逆張りでトレードしていきます。逆張りトレードは、ラジオNIKKEIのザ・マネー金曜日「西山孝四郎のマーケットスクエア」で紹介されていたものです。

また、成行注文で約定した際にスリッページが発生しており、成行価格よりも5銭ほどすべっていることがわかりました。そのため、他のFX口座を開設し、そちらでトレードをしてみます。

マネースクエアのトラリピは手数料もなく非常に素晴らしいシステムなのですが、裁量トレードにはイマイチ向かないかもしれません。

12月の目標は月利2~3%です。103,000円を目指してトレードしていきます。

 

コメント