プログラミングサイト、プログラミング分科会はこちらから。

仮想通貨が下落中。去年のような年末相場はあり得るのか?

仮想通貨




みなせあきとです。

仮想通貨が暴落しており、BTCが50万円を切っています(2018年11月20日夜現在)。正直言って、ここまで下がるとは思いませんでしたし、最近仮想通貨には疎いので全く何が原因で下げているのかは分かりません。ビットコインキャッシュの分裂の話(ABCとSV)やハッシュウォーの話はちらほら見ますが、それだけがここまで価格を下げる原因となっているとは思えません。

私が仮想通貨を初めて買ったのは12月の初旬なので、まもなく1年経とうとしていますが、去年はの年末の相場前には一度大きな下げがありました。しかし、上値を切り上げていたという事実がありますから、今年は去年とはまるで違う相場だということを認識しておかなければいけません。

去年のような年末相場はあり得るのか?

BTC/USDのチャート 出所:Tradingview

こう1年間通してみると、直近がターニングポイントであったことが分かります。下げトレンドも徐々に落ち着いてきて、6,000ドルというレジスタンスがあったように見えますが、いとも簡単にこれを割ってきてしまいました。

ここで考えるのが、やはり逆張りで「いまこそ買い時か?」と思いますが年初からそう思わせてここまで下げてきたということは忘れないようにしたいものです。そのため、もし買うとしてもここで100万円全額を投資することはかなり危険だと私は思います。

去年はモナコインの冒頭から始まり、リップル暴騰、ビットコインも一時250万円に迫る勢いで上昇していました。去年はZaif・Coincheckどちらもまさに調子がうなぎのぼりであったわけですが、今年はその事情がまず違います。

2月にはXEMの流出事件があり、Coincheckが取引を中止。4月にはCoincheckがマネックスグループに買収されました。そして秋にはZaifでBTC等の流出があり、テックビューロからフィスコへZaif事業が譲渡されることとなりました。

流出事件も特になく、XPなどの草コインも台頭してきており、過熱気味ではありました。かくいうわたしもまるっきりの初心者であり、XRP1,000円!などと叫んでいました(笑)そういう意味では、初心者が多い相場でもあったとも言えます。イナゴタワーと呼ばれていますが、まさにその通りですよね。

そういう意味でも、まるっきり去年とは異なるのです。私も20~30万の含み損を抱えたままです。知り合いでは年初の一番高いところで仮想通貨を買ってしまった人も少なくないです。仮想通貨を買い、価値がこれから上がることは十分にあり得ますが、去年と同じような年末相場があるかどうかといわれると、私は若干厳しいのではないかと思っています。

株でも「年末相場」と言われるアノマリーがありますが、株と仮想通貨では市場の規模がまるで違いますし、参加人数、出来高もはるかに株の方が高いです。株は東証一部上場銘柄だけで約612兆円なのに対し、仮想通貨は全体の時価総額がその1/40の16兆円です。

完全に私の持論ですが、参加者が多くいろいろな事象が複雑に絡み合うのでアノマリーがあるのだと思います。仮想通貨はそれほど成熟したマーケットでもないので、はっきりしたアノマリーがあるとは正直言えないと私は思います。

株や為替のほうが価値保持性は高い

株や為替ももちろん大暴落が起きないとは限らないのですが、額面での価値の保持性は仮想通貨に比べると高いです。昨今ボラティリティが上がっているとはいえ、それだけ仮想通貨と比べると低い水準にあると言えるでしょう。

例えば、ドル円ですが数年前75円台だったものが直近の高値は125円程度です。高値水準から安値水準の差は約50円で、高値から安値の下落率は40%程度です。仮想通貨は一夜にして40%下げることもありますから、とんでもないボラティリティの高さだけは頭に入れておかなければなりません。

ただし、逆も然りなので一晩で40%上がることもあるのが仮想通貨です。その暴騰がたまらないというのも正直分かります。昨年末は寝て起きたら10万円単位で増えていることがザラでした。いかに異常な相場だったか、いま振り返るとわかります。

一方の株は、リーマンショック時で日経平均の下落率が67%くらいだったと記憶しています。個別株、特にマザーズなどの新興市場ではボラティリティが高いものが多いですが、よっぽどのことがないかぎり、価値が10分の1や100分の1になることはないでしょう。

そういう意味では、仮想通貨よりは株や為替の方が価値の保持性は高いです。代わりにボラティリティも低いので、ギャンブル的な10倍以上の冒頭になることもめったにありません。為替に至っては新興国通貨でもないことだと思います。

それでも仮想通貨を買うなら数回に分けて買おう

仮想通貨はもう下げ切ったと思ってもさらに下げることがよくあります(年初から今までの動きがそうです)。いつ下げ止まるのか分かりませんから、それでも仮想通貨を買うなら数回に分けて買うことをオススメします。

そこで上昇トレンドへ反発することもあるでしょう。そうなったときはもう仕方がないです。順張りに切り替えるのもありだと思います。機会損失にはなりますが、損はしていないのですからそれでいいと思ったがよいでしょう。

私自身、直近では仮想通貨のことを全くと言っていいほど調べておらず、そして売買すらしていません。それは、ファンダメンタルズをしっかり見られていないからという理由もありますが、上げに転じる理由をしっかりと理解できていないからになります。正直、ブロックチェーン技術には光が当たるのではないかと思いますが、それと価格が上がることは別問題だと思っています。

コメント