プログラミングサイト、プログラミング分科会はこちらから。

ブレグジット(Brexit)・イタリア財政問題・サウジアラビア問題の動向

投資全般




みなせあきとです。

昨今、EU圏でなかなかいろんな問題が起きています。また、サウジアラビアでも一時報道が落ち着いた「カショギ氏暗殺問題」ですが、ここにきて展開が変わりそうです。これらはもちろん地政学リスクになり、マーケットへの影響も大きいとみられますので、私なりにまとめてみました。

▼こちらもあわせてご覧ください

投資メモ:2018年10月第4週のマーケットへの懸念材料
ミナセ・アキトです。 いろいろと情報をチェックしているので、個人的メモを残していこうと思います。個人的メモなので、まとまってはいませんが、参考になりましたら幸いです。 ▼情報源はこんな感じです サウジアラビアの問題とア...

サウジアラビアのジャーナリストカショギ氏暗殺問題

「サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子がジャーナリストのカショギ氏を暗殺した」とCIAが結論付けた、米国メディアにて報じられました。一方で、米政府は「そのような結論に達したっという報道は不正確」と否定しているようです。

サウジアラビアとアメリカは友好的な関係であり、制裁をせずに済むならそのまま落ち着けたいような雰囲気がありました。しかし、ここにきてCIAが結論付けるようものなら程度はともかく制裁をしなければいけない状況になるでしょう。また、アメリカからサウジアラビアへ12兆円規模の武器輸出の契約をしています。

出所

https://jp.reuters.com/article/idJP2018111701001440
https://jp.reuters.com/article/idJP2018111801001303

イギリスのブレグジット問題

先週、関係閣僚が辞任したことでポンド円が一時2円近く安くなりました。また、問題となっているのが北アイルランドとアイルランドの国境です。私自身ヨーロッパの地理や情勢にはかなり疎かったので、これを機に少し調べてみました。

 

北アイルランドとアイルランドの国境問題

イギリスはグレートブリテン島と北アイルランドで構成されています。北アイルランドは、アイルランド島の北側に位置しています。EU(ヨーロッパ連合)では関税がなく自由貿易なのですが、イギリスがEUを離脱することによって、アイルランド島で北アイルランドとアイルランド間で自由貿易ではなくなるという問題が発生します。

イギリスでは、2016年6月23日に国民投票が行われた結果、ヨーロッパ連合という経済圏を抜けることになってしまいました。目下のところ、EUとイギリスで離脱交渉が進められています。ブレグジットの期限は2019年3月29日。そして移行期間は2019年3月30日から、2020年12月31日までの21か月間と経済的な問題が起きないようにゆるやかに移行していく方針となっています。

11月15日には、離脱合意案が内閣で承認されたとの報道がありましたが、これに与野党が反発しているようです。そのため「メイおろし」にまで発展する内閣不信任決議案の提出が模索されている模様です。

北アイルランドとアイルランドでは、人種・宗教的な問題で過去に紛争もあったようですね。

血の日曜日事件(Wikipedia)血の金曜日事件(Wikipedia)

出所

https://jp.reuters.com/article/idJP2018111501002125
Brexit negotiations
The Article 50 negotiation process and principles for the United Kingdom's departure from the European Union.
ブレグジット合意案めぐりメイ英首相に圧力、EU離脱担当相の後任決まらず
テリーザ・メイ英首相はこの案を強く推していく構えだが、15日にはドミニク・ラーブEU離脱担当相が辞任。マイケル・ゴーヴ環境相も辞任する見通しと伝えられている。

イタリアの財政赤字問題

こちらの記事でも取り上げましたが、イタリアの来年度予算が財政赤字を拡大するのではないかという懸念から、一時イタリア国債の利回りが3.6%を超えかなりの高水準となり債券価格が下落していました。

EUはイタリアに対し、予算の再提出を求めていましたがイタリアはこれを拒否。これを発端に、EUがGDP比0.5%の制裁金を課すという動きにもなっています。

出所

イタリア、19年予算案巡りEUの修正要求応じず(写真=ロイター)
【ブリュッセル=森本学】イタリア政府は13日、2019年予算案をめぐり、欧州連合(EU)からの修正要求に応じない方針を決めた。EUは加盟国に義務づけた財政規律ルールに違反しているとして、13日までに
伊予算案、財政規律ルールに「公然と」挑戦=欧州副委員長
欧州委員会のドムブロフスキス副委員長は、イタリア紙ソレ24オレ紙とのインタビューに応じ、同国が再提出した2019年予算案について、責務から「大幅に」逸脱している...
予算案めぐるEUの制裁回避を目指す=ディマイオ伊副首相
イタリアのディマイオ副首相は15日、政府は2019年予算案を巡る欧州連合(EU)の制裁回避を目指しているが、国民に犠牲を強いるようなことはしたくないと述べた。

 

コメント