プログラミングサイト、プログラミング分科会はこちらから。

【2018年5月度まとめ】仮想通貨ポートフォリオ-自分流の投資の方針を決める!




20180621-ex

akito_minaseです。

 もう6月も下旬にさしかかりますが、皆さん仮想通貨の調子はいかがでしょうか?私は含み損が拡大していますが、先行投資と割り切って買い増しもしています。恐らく長期ホールド前提の方だと、私と同じ状況ではないでしょうか?

 ここで、5月の収支を振り返ってみることにします。トータルの収支も、重要な指標になってきます。正直に言って、利益確定するか、損益確定するのかということも方針は持っているのですが、具体的には決めていません。皆さんはどのように決めていますか?

 私はこういうまとめを書きながら、決めていきたいと思います!非常に優柔不断なので、こうでもしないと決められないのです…。皆さんも決めていなければ、一緒に考えていきましょう!

目次

ポートフォリオについて


 始めに、こんなポートフォリオを組みたいな、という理想を示しますね。今持っている仮想通貨は、BTC・ETH・XRP・XEM・TRX・XVG・XP・SPRTSです。

 この仮想通貨はホールド(売らずに保持して、将来的に売る)かな?というものと、買い増ししたい!というものの2種類に分かれます。このうち、ETHとXEMについては、現在も買い増し中なので(新規)として図に示しています。

20180621-01

利益確定と損益確定の方針


 私は、原資(約40万円)をどこかで利益確定する予定です。この事実だけは決まっています。ただ、その通貨とタイミングは決まっていません。ただ、TRXとXVGについては、海外取引所で所持しているため、ブリッジ通貨であるBTCに変換し売らなくてはいけません。さらに言うと、そのBTCを国内取引所に送金し、売るということになります。

 ここで、税金の問題が浮かび上がってきます。金融庁の現在の見解においては、「仮想通貨から仮想通貨の交換も利益確定をみなす」ということなので、上の例では2度の課税が適用されます。また、XPに関してはブリッジ通貨であるDOGEにも好感しなくてはならないので、3度になってしまいます。

 逆に、損益確定はどこか?ということですが、基本的に損切りをするつもりはありません。極端ですが、まあ捨てたものだと思って100か0かで勝負しようと思います。ただ、利益を確定できたとしたら、損切をすることで雑所得内で損益通算をすることができるので、その場合は例外的に損切りをする予定です。

 ただ、この方針というのは情報を集めていく中で、常にアップデートされる必要があると思っています。また、公開できるな、と思った情報はどんどん公開していきたいと思っています。

5月のトータル収支


 では、具体的な金額の話にうつります。5月のトータル収支は、-30,389円・-8.9%の含み損「となりました。ETHとXEMに関しては、5月14日では保有しておらず、純粋な比較ができません。そのため原資に対し、どれだけの損益になっているか、という原資比で計算しています。

20180621-02 これを見ると、あらかた-10%以上の損失になっています。仮想通貨では、このように-10%というのは珍しいことではなく、非常に変動率(ボラティリティ)が高いです。

 他の金融商品はどうか?ということですが、投資信託は1日に1回しか基準価額が発表されません。また日本の株式ではストップ安・ストップ高という言葉があるように、下げ止まったり高止まったりということが起きるため、極端な変動には歯止めがかかっています

 それに対し、仮想通貨では365日、正月でもGWでも相場が動いています。売りが売りをよんで数時間のうちに-30%、ということも過去にはありました。それと比べると、月間の-10%というのはそんなに高い変動率とは言えないでしょう。

20180621-03

 また、現状ではビットコインが下がれば、アルトコインも同じように下がる、という現象が起きやすくなっています。これは、多くのアルトコインがBTCで購入されている、つまりBTC建で取引されているからといえます。

 そのため、以前にも述べましたが「対BTCでどの水準にあるか」ということを意識することは非常に重要です。例えば、XRPは今年の初め大きく高騰し(通称イナゴタワー)、その後暴落したことでよく知られていますが、BTC水準で行くと、2017年12月と比べ相当上がっているのです。このことも意識しておく必要があるでしょう。

まとめ・今後の展望


  • 先行投資と割り切り、ETHとXEMは買い増しの方針
  • 利益確定は原資を抜くことだけ決定している
  • 損失確定は基本的に考えていない(損益通算除く)
  • 2018年5月度は-30,389円・-8.9%の含み損
  • 変動率とBTC建の数値に注目してみる
 実際、1か月のトータル収支を計算してみたのは初めてです。正直なところ、絶対に利益にしてやる!とおもっていたところもあり関係ないと考えていました。

 しかし、2018年の1月初旬、絶好の売り時であったにもかかわらず、売ることができなかったという経験をしました。これにより、現在では1月比で120万円以上の損失を出しているのです。

 もうあんなに下がることはないと思いたいですが、売り時は恐らくまたやってくると思います。その時にどう動くか、ということを見据えるために、しっかりと週ごと、月ごとのポートフォリオを把握していく必要があると思いました。

 これが1つの仮想通貨に全懸けしている人だったら、こんな面倒な計算をする必要はないでしょう。今後はETHとXEM・XRPの三本柱にまとめていきたいと考えています。このポートフォリオも、必要に応じて組み替えていきたいと考えています。

コメント