掃除をすればお金が貯まる-モノより投資が優れている理由

投資全般

ミナセ・アキトです。

このお盆の休みで部屋の掃除をしました。

自分が何にお金を使ったか見直すきっかけになりました。

つまり、いかに無駄なお金と時間を使っていたか…ですね(笑)

時間が経つと価値が下がることも意外に気づきませんでした。

買って自分のものになった瞬間に価値が下がってるんですよね。

それと同時に、投資に生かせる考え方も学びました

掃除から学ぶことがあったので、今日はそれについて書きますね。

  • モノが捨てられない人
  • お金を貯めたい人
  • 時間を有効活用したい人

掃除をすれば、お金が貯まる。

今日はこの私が考えたカラクリについて説明します。

掃除をすればお金が貯まるカラクリ

掃除をすると、将来の時間が節約できます。

その分、お金を稼ぐチャンスができるということです。

しかも、モノを買わなくなるのでお金を使いません。

だから、掃除をするとお金が貯まる。

そのお金を投資に生かすとさらにチャンスができます。

 

いろんな書籍で話されていますが、お金を増やすには次の式を考えましょう。

財産=収入-支出+資産×資産利回り

掃除をすると、時間が節約できるので収入を得るチャンスが増えます

そして、無駄なものを買わなくなると支出も減らすことができます

そうすると、資産が増え、利回りによって財産が増えるという仕組みです。

 

▼具体的な収入と支出の話はこちらの記事をどうぞ

収入と支出を見直して投資をはじめよう
みなせあきとです。今日から私自身のお金の話をしていきます!5W1Hにのっとって、記事を書いていきますね。私の投資に関する5W1Hはこんな感じです。Who:だれが(ミナセ)What:なにを(収入から投資に回すお金)W...

モノを減らす掃除は時間がかかる

私はお金はもちろん重要だと思っていますが、時間の方が重要と考えています。

なぜなら、時間は貯めることもできず、減る一方だからです。

掃除をするのは非常に時間がかかります。びっくりしました。

掃除と言っても、ホコリではなくモノを減らす掃除です。

(もちろん、モノを減らした後に掃除機はかけています)

大型ごみは市に引き取ってもらうよう電話をしなくてはなりません。

家具の模様替えをするのは力仕事なので、少し疲れますよね。

掃除はすごく時間がかかることなんです。

掃除をする時間があったら、本も読みたいですし、勉強もしたいです。

掃除をする時間がなければ、ツイッターで有益な情報を探せたかもしれません。

つまり、ためになることを理解するチャンスを逃したことになります。

(これを「機会損失」といいます)

 

モノを減らす掃除だけでなく、片付けや整理にも時間がかかります。

なぜなら、モノは「動かす」機会が生じるからです。

モノがなければ動かす機会もなくなるので、時間の節約になりますよね

 

▼時間を節約するには「やらない」ことを決めよう。

自分の時間を有効活用するためのタイムマネジメント術
みなせあきとです。「100のやりたいこと」を書くのが、プチトレンドになっていますね。これを書くのは、本当に素晴らしいことです。私も実践したところ、やる気は出てくるし、計画は立てたくなるし、色んなものが欲しくなるし…と、とにかく気持ち...

モノを持つときの3つのルール

極端な私は、時間が最重要なのでモノを持つのをやめようと考えました

モノを処分する際は非常に時間と労力がかかることを理解したからです。

それを投資の勉強に費やせていたら…!と思いませんか?

投資で儲けるチャンスを逃した、と考えたら悔しくなってきます(笑)

そのために、私は時間を節約するための3つのルールを決めました。

モノの量を減らす・モノの量を買えない・時間がかからないモノと交換する

この3つのルールで、将来的な時間を節約していきます。

 

1.モノの量を減らす

まずはもっている「モノ」の量を減らそうと考えました。

いずれ処分しなければなりません。それは明らかです。

いずれというのは、引っ越すときやモノが劣化したときです。

そしてモノの処分には時間がかかります。

処分だけではなく、モノは動かしますから必然的に時間が発生します

ここでいう動かす=整理する、片づける…ということです。

モノがなければ、整理する必要もないですし、片づける必要もありません。

もっと言えば、モノを出す必要すらなくなります。

このようにモノの量を減らせば将来的に「動かす時間」を減らすことができます

モノの量を減らすこと=時間の節約

になるのです。

 

2.モノの量を変えない

モノを減らすことも大事ですが、モノの量を変えないことも非常に大事です。

モノを買うときは「モノの量」を変えないようにしようと考えました。

要するに、イスを買うならイスを捨てる、ということです。

新しい本を買うなら、本を捨てる。

こういうルールでモノを買えば、モノの量は減りませんよね。

そうすることで将来的なモノの整理や片付けの時間を減らすことができます

 

3.時間がかからないモノと交換する

紙だったら、スキャンしてpdf化しちゃいましょう。

パソコンのゴミ箱に入れればすぐ処分できます。

本だったら、よっぽどコレクションでもない限り紙の本は売ってしまいます。

そして、電子書籍を買いなおしましょう。

このように、今持っているモノは時間がかからないものに交換することにしました。

pdf化や電子書籍にすれば、探す手間=時間もさらに節約できますね。

 

ただ、なんでもpdf化がいい、電子書籍が良いというわけではないので注意してください。

データの流出をしたら困るものもあります。

電子書籍リーダーが1台しかなければ、本を同時に見ることができません。

そういうことも考えたうえで「時間がかからないモノ」と交換していきましょう

 

▼電子書籍リーダーKindleのいいところはこちらの記事で!

Kindle Oasis を選んだ3つの理由と Kindle Unlimited の活用法。
akito_minaseです。私は読書が好きで、ほぼ毎日本を読んでいます!小説から新書、さらには技術書まで…。皆さんは本を読んでいますか?正直なところ、本から離れていた時期もありました。ですが、新書で知識を得たり、小説で想像...

「もったいない」なら売ろう

モノを減らすときに必ず「もったいないなぁ…」と思ってしまいますよね。

ただ、自分が持っていてもこれまで有効活用できなかったんです。

 

せっかくお金を出して買ったからもったいない」ではなく、

自分がそのモノに縛られている時間がもったいない」ということです。

 

それならば、他の人に持ってもらった方が圧倒的にいいですよね。

リサイクルに出して、他のことにつかってもらったほうがいいんです。

さっさとメルカリで売るか、リサイクルショップで引き取ってもらいましょう。

 

モノの代わりに金融商品をもつ

時間がかからないモノと交換する。

というさきほどの3つ目のルールを広げてみます。

これは現物を持たずに金融商品を持つということにも言えます。

金融商品なら売りたい時に売ることができますよね。

金を現物で持っていても、すぐ売れません。

同じように、身の回りのものはすべて自分の資産になります。

 

そして金融商品より、モノで持っている方がリスクが高いことに気づきました。

全てのものでそうとは言いませんが、確実に値下がりするのです。

本は中古になった瞬間、定価より高く売れることはめったにありません。

服も、袖を通した瞬間古着になり、価値が下がります。

(限定生産やプレミアがついた場合などは別です)

これを金融商品の値下がりと比べてみると…どうでしょうか

金融商品は半値になったら「暴落」と言われますよね。

身のまわりのものはどうでしょうか?

流行りのもの以外はすぐに価値が下がってしまいます。

もちろんモノには「お金以外の付加価値」もあります。

お金で測れない価値もありますが、本当に1年後に価値があるでしょうか?

私は、金融商品の方が1年後に価値保持している可能性が高いと断言します。

株を買う場合は、会社の事業が1年後発展しているかどうか?ということです。

正しく設備や研究投資を行っている会社であれば発展している可能性が高いでしょう。

モノより金融商品のほうが価値という面では合理的なことがわかります。

 

▼投資初心者は100円から投資を始めてみよう。

100円から投資は始められる!-投資を身近に感じよう
ミナセ・アキトです。皆さんはもう投資を始めてますか?投資ってまとまったお金が必要なんじゃない…?と考える方も多いと思います。いえ、違います。100円から投資できるんです。今回は投資を始めたいけどなかなか踏ん切りがつかない...

まとめ

  • 財産=収入-支出+資産×資産利回り
  • モノを持っていることは「機会損失」につながる
  • 「モノの量」⇒減らしたうえで変えないことが重要
  • 「モノ」はより時間がかからないものに換えよう
  • 「お金」ではなく「時間」のほうがもったいない
  • 価値の保存という意味ではモノより金融商品が優れている

掃除をすればお金が貯まる。

風が吹けば桶屋が儲かるに通ずるところがあるかもしれませんね。

これまで特に何も考えずモノを買っていました。

しかし、掃除で学んだことから新しい物差しを手に入れられた気分です。

ツイッターでは日々の株価や投資の情報もつぶやいています。

よかったらフォローもお願いします👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました
Bitnami