ビーアールホールディングス:第1四半期決算分析

株式投資

ミナセ・アキトです。

第1四半期決算シーズンなので、決算短信を読んでいきます。

正直、持っている株の銘柄は隠しておこうと思っていました。

ただ、勉強したことをまとめるにはもってこい!

ということで隠さずにすべて公開することにします(笑)

 

  • 株に投資してみたい人
  • 決算短信を読んでみたい人

 

今日は8月7日に第1四半期報告を発表した

<1726>ビーアールホールディングス

の決算短信を読んでいきます。

 

決算短信とは?

簡単に言うと、決算短信とは決算の速報のことです。

どの企業でも、基本的な書式が統一されているので、読みやすいことがメリットです。

四半期(3か月ごと)にこの「決算短信」は発表されます

あくまでも「速報」なので、詳細には書かれていませんがこれを読むだけでも十分です。

もっと詳しいものは「有価証券報告書」に書かれますので、

これも発表され次第見ていきたいと思います。

 

今回みていく<1726>ビーアールホールディングスの決算は2019年3月期の第1四半期の決算です。

決算月によってこの言い方は変わってきますが、多くの上場会社が3月の決算です。

2019年3月までの期間の1回目の四半期なので「2019年3月期の第1四半期」という言い方をします。

Br.HDを買った理由

決算短信を見る前に私が<1726>ビーアールホールディングスの株を買った理由から

私が買った経緯としては、株主優待をゲットしてみたかったからです(笑)

日経マネーを毎月読んでいるのですが、2018年3月頃の日経マネーで見つけた銘柄です。

50,000円以内で買えるため、超初心者の私には手が出しやすかったんですよね。

2018年3月期の配当金は1株当たり3円、株主優待は500円のQUOカードでした。

私は200株持っていたので、6月頃に

600円+QUOカード500円のあわせて1,100円をもらいました。

買った当時は株価が395円なので、期末配当のみの利回り2.78%になります。

▼ビーアールホールディングスの配当金についてはこちらの記事

【少額投資から始める投資戦略】不労所得の第一歩!株式投資で初めて配当金を貰いました。
ミナセ・アキトです。3月の決算シーズンから早3か月弱…配当金が振り込まれていました!最初に結論から言ってしまいますが、その金額 600円 です(笑)。まだまだ3月は投資を初めて様子見だったので、仕方ないですね。まず、配当...

 

ビーアールホールディングス(Br.HD)

ビーアールホールディングスは、広島県などの中国地方で橋梁工事や道路工事をしている会社です。

8月7日に第1四半期(1Q)の決算発表がありました。

まずは売上高・営業利益・経常利益・純利益についてみていきます

  • 売上高が前年比▲5.9%
  • 営業利益が前年比▲47.8%
  • 経常利益が前年比▲48.0%
  • 純利益が前年比▲55.6%

と大きく落ち込みました。

その影響で、500円にせまる株価が一気に急落

ストップ安までには至らなかったので、この辺で安定かな?というのが私の見解です。

売上高もは前年比4,832-5,113=▲281百万円とおちこんでいます。

前年2018年第1四半期は、完成工事補償引当金戻入額90百万円がありました。

これがなくなったことも影響していますが、他にも影響があると考えられます。

▲281百万円+90百万円=▲191百万円

ですからね。それぞれの事業について詳しくみていきましょう。

事業の種類(セグメント)は大きく分けて4つあります。

販売高
(百万円)

前年1Q比
建設事業 4,469 ▲14.9%
製品販売事業 307 ▲21.4%
情報システム事業 64 ▲0.4%
不動産賃貸事業 46 ▲0.9%

大きく売上高が落ち込んでいるのは建設事業と製品販売事業です。

建設事業:4,469百万-4,681百万=▲212百万円90百万円を考慮すると▲122百万円

製品販売事業:307百万ー393百万=▲76百万円

この2つの事業で大きな前年比割れをしていることが分かりますね。

 

ただ、受注高は38億59百万円(前年同期比+57.0%)と大きく伸びています

工事の進捗が進めば、売上高に計上されるので今後の伸びは期待できます。

受注高
(千円)

前年1Q比
建設事業 3,859,975 157.0%
製品販売事業 834,692 104.3%
情報システム事業 143,512 123.8%
不動産賃貸事業 46,152 99.1%

 

8月8日の終値で前日-55円の406円までに落ちています。

今日も落ちる可能性がありますが、底を打ちそうなら買いと判断します。

底を打つかどうか?は380~390円台が目安かなと思っています。

2017年の3月以降、378円あたりが底値となっているからです。

移動平均線を見るとどの線も割り込んでいることには気をつけましょう。

私は今395円で仕込んでいるものは持ち続ける予定です。

損切りラインは10~20%なので、いまのところ割り込むことはないと見ています。

理由としては受注高が多いことです。これは残り3期で売上高の上昇が見込めます。

優待も年間で1,000円のQUOカードなので、なくならなければまあまあかなと思っています。

まとめ

  • 決算短信とは「決算の速報」
  • Br.HDの株を買ったのは株主優待目当て
  • 第1四半期は前年同期比▲47.8%の営業利益
  • これが理由で株価が前日比55円安となった
  • しかし、受注高が多いので売上高の上昇が見込める

私はほぼ初めて買った株といってもいい、ビーアールホールディングスについて紹介しました。

あわせて決算短信もみてみましたが、いかがだったでしょうか?

ツイッターでも今後日々の株価についてはつぶやいていこうと思います。

よかったらフォローもお願いします👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました
Bitnami