【ブログ術】開設1か月の初心者がブログの記事を継続的に書く4つの方法、教えます!

ブログ運営
20180623-ex

akito_minaseです。

さて、今日はブログ術ということで、私がこれまでに実行してきたことを初めて記事にしてみたいと思います。ブログを書き始めて1か月間、3回くらい「もうやめようかな」、と考えたことはありました。

やはり書いている以上、数字にとらわれてしまうのは仕方ないかもしれません。どうしても気になりますよね?PVとか、UUとか、人気のある記事とか人気のない記事とか。

 

数字は気にしない!-精神を消耗するくらいなら記事を書こう

気になっちゃいますよね、「数字」。期待通りどんどんアクセスアップしていればいいですが、現実はそう甘くありません(笑)。ということで、もう気にするのはやめましょう。見るのもやめていいくらいです。

記事の価値が決まるのはいつかわからない!

記事を書いて、その日にどれだけ見てもらえるか。そのことがどうしても気になってしまうと思います。アクセスがなければ、「時間を無駄にした」とか「誰も必要としてない記事を書いてしまった」と思うかもしれません。

ただ、その記事は自分にとってわずかでもプラスになっているはずです。1か月たって、アクセスがあまりなければSEO対策や、内容を見直しして加筆したり、修正したり、体裁を整えたりすればいいのです。私も少しずつ過去の記事を修正したり、書き直したりしていますよ。

そのアクセス解析を5分おきに見て、意味ありますか?

アドセンスをこまめに見て、何か変わりますか?

それなら、記事を1文字でも多く書いた方が良いですよね。

私も、アクセス解析をみまくったり、アドセンスの収益が得られたかな…と気にしてばかりいた時期もありました(今もたまにあります)。結果は、まとめて1週間分でも見ることができるので、無駄なことであまり時間を消費しないようにしましょう

1か月や2か月で爆発的にアクセス数が増える人もいると思いますが、多くの人はそのような状況にはならないでしょう。1週間単位や、半月単位で振り返り少しずつ前進していきましょう。一歩一歩が大事です。

私だけかもしれませんが、この「気にしない」ということは意外に難しいです。ついつい気になってみてしまうものです。我慢するしかないですね。とにかく、1記事でも多く書くことに体力を注ぎましょう!!

 

記事の貯金を作る!-少しずつでいいから次をみよう

 その日その日、1記事ずつ書いていてもいいですが、やはり毎日ブログ記事を書くのは大変です。心に余裕も生まれませんし、「書かなきゃ」と追い詰められて書くよりも、余裕をもって書いた記事の方が、正しい情報を伝えられ魅力のある記事になると思いませんか?

まず、計画を立ててみましょう。

そしてその計画は、破ってもあまり自分を責めないようにしましょう。

やはり、アイデアというのはたくさん生まれますから、当初の計画通り記事を投稿するのは非常に大変で、気力も続かないと思います。

計画は、あとから変更しても全然かまいません。計画していたよりも、書きやすいアイデアが生まれるかもしれませんよね。できるだけ楽しましょう(笑)。

ただ、いずれ書くぞ、と思いその「書きたい記事」に対する知識を蓄えたり、調べて少しずつ記録していくことは重要です。その「書きたい」という気持ちは忘れずに、少しずつ記事を完成させていく気持ちで臨みましょう。

最初の1週間、1か月が非常に苦しいと思います。私も「書けるネタがもうない」「書くのがつらい」と思ったときはあります。一気に仕上げるのではなくて、少しずつやっていきましょう。本当にもう無理だ!と思ったら1日くらい休んでもいいかもしれませんね。

また、アイデアを書き留めたり、書き出しだけかいてみたり、メモだけしてみたり…少しずつでも記事を完成に向けて仕上げていくことが大事です。ほんの少しでもいいんです。

5分作業して、10分休憩して、5分作業する。こんな感じでもいいんです。私も結構休憩をはさみながらやっていますし、一度に全部仕上げなきゃいけない、そういう思考からまずは離れて少しずつやってみませんか?

 

日々の生活で生まれた体験・疑問を記事にする!-なんでも書いてみよう

例えば、

 「〇〇するの大変だったなぁ~」

「××やってみたら、うまくいった!」

こんなことはありませんか?それ、記事にしましょう

自分の体験したことなので、調べて書くことも少ないです。この記事も、「1か月ブログの記事を更新し続けたらこんなことが分かった!」という自分の経験をもとにして書いています。

また、別の記事では「楽天カードを作ってみて、メリットデメリットがわかった」とか「就職したけど、実はデメリットだらけだった」ということも記事にしたりしてます。

このことは最近気づいたことなので、過去の記事はあまり自分の成功体験を書いていません(笑)。もしかしたら、同じ境遇にある人の役に立つかもしれませんよね。

「でも、書いてもそんな人いないかも…」

分かります。でも、1人でもそういう人がいれば、いいですよね!見てもらえれば!

見てくれる人が1人しかいなくても、同じ状況で今後調べようと思って、あなたの記事にたどり着く人がいるかもしれません。そういう人のために記事を書いている、そう思って頑張りましょう。

 私も、NEMのProof of Importanceの記事は休日1日をつぶしたのにあの程度しか書けていません。知らないことを1から調べて書く、というのは非常に気力のいることなのです。

 

気分が大事!-少しずつ作業をしてモチベーションをあげよう

1か月書き続けて、一番良かったことは「モチベーションが上がったこと」「記事を書くのが楽しくなったこと」「スピードが上がったこと」だと思います。

前のセクションでも説明しましたが、じっくり調べないといけない記事というのは、1本書くのに2時間や3時間、当たり前にかかってしまいます。まずは、スラスラと書けるようなことから書いていきましょう。

1か月継続的にかけたので、めちゃくちゃ自信が付きました。

また、タイピングのスピードが飛躍的に上がったと思います。これは技術的な話ではなく、考えながら描くことができるようになったということです。

実は、見られる目的ではなく、完全な個人的な日記としてもう1つブログを毎日1500文字くらい、毎日書いています。それが非常にいい練習になりました。

まとめ

  • とにかく「気にしない」!
  • 少しずつやることを続けて後から振り返る
  • 計画を立てて後から都度修正していく

この3つが伝えたかったことです!当たり前のようで、結構難しいです。

毎日続けてみましょう!1か月後には自分の成長が実感できるはずですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
Bitnami